FC2ブログ

シルビア ホイールナット

物置~ 押し入れ~ ベッドの下~、

いつの間にか溜まっていったシルビアの部品たち~~~。

私にとって宝の山だが

家族にとっては「場所塞ぎ」だと思う。

とはいえ根本的な対策は難しいので(お金が掛かるので)せめてもの対策として

久しぶりに整理整頓する事にした!

P1305.jpg

まずは物置の中!

綺麗に並べられたボックスに私の几帳面さがうかがえる。

「さて、どうしよう・・・。」

「そうだ!基準を決めねば。」

「1年使わなかった物、いや2年、やっぱり5年にしよう!」

「まて、スペアパーツにこの基準は使えん・・・。」

いろいろと考えた末、結局 もう使うことが無いだろう部品をターゲットにした。

P1306.jpg

純正マフラー・アウトレットパイプ・触媒、純正テンションロッド・スタビ、

ニスモフロントパイプ(保安基準適合だが最低地上高で引っかかる)、インパルリアウイング付き純正トランク、

ボススペーサーやらその他の小パーツがゴロゴロ出てくる。

アルバムを片付けている時のようでどれもこれも皆懐かしいぃ~~~。

しかし 心を鬼にしてその中から数点選び、アップガレージへと売りに行ったーーー。

締めて2500円、まあまあの金額になったのだが・・・。

P1307.jpg

買取カウンターで換金している時、

私の視界に「タマムシ」が現れた!?!?。

【タマムシ】
細長い米型の甲虫で、全体に緑色の金属光沢があり、背中に虹のような赤と緑の縦じまが入る。
成虫は6から9月にかけて出現、羽化脱出後の成虫寿命は概ね1ヶ月に満たない。
美しい外見を持つことから古来より珍重されてきた。

子供の頃からカブトやクワガタより珍しかったタマムシぃ~~。

「こんな所で出会えるとは!!」

そのとき運命を感じ3セットを購入、締めて2670円

(↓写真は数年前に庭に飛んできたタマムシ)
P1308.jpg

結局 「タマムシ」を連想させた「ホイールナット」を衝動買いして、

物々交換のようになってしまった・・・。

P1309.jpg

【商品名】
アルミレーシングナット(AL7075)

【メーカー】
Aqua Claze (アクアクレイズ)

【特徴】
・アルミ製ナット貫通型 M12×P1.25 [60度テーパー](19mmレンチ使用)

・チタンカラー、ショートタイプ

・ナット頭部に手締め作業向上のためのローレット加工を施している

【価格】
1セット4個入り 890円

P1310.jpg

早速 物置にあるスペアホイールにのせてみる。

「おぉ~~、美しぃー色合い!」

タマムシがホイールに舞い降りたようだ!

P1311.jpg

だがしかし、フロントとリアのどちらに付けるか迷うーーー。

今フロントに付けているのはお気に入りのナット。

シンプルな貫通型といいブルーアルマイトの剥がれ具合といいスパルタンで美しい。

P1312.jpg

リアに付けているのはボルクレーシングで有名なホイールメーカーRAYSのナット。

ナット上部にはRAYSマークが刻印されている拘りの逸品。

P1313.jpg

さんざん迷ったあげく、

とりあえず他のホイールナットと一緒に押し入れに保管する事にした。

「スペア有るのに、なんかもったいない事したかなぁー。」

P1314.jpg

でもまだ整理整頓は終わってはいない。

押し入れベッドの下 には

物置よりさらに高価なお宝が沢山眠っているのだ。


衝動買いの反省を胸に秘め、

今度こそ計画的に片付けようと家族に誓う私であった・・・。



にほんブログ村

スポンサーサイト



シルビア 通勤用タイヤ(ADVAN FLEVA V701)

「タイヤが値上げ!!」

2017年に入り国内タイヤメーカーは

主原料である天然ゴムや合成ゴム価格の上昇により

値上げすると発表した。

P1172.jpg

値上げ前を狙った訳ではないが必要だったので通勤用タイヤを2本購入。

今回は私の一番好きなブランド「ADVAN」

P1173.jpg

【商品名】
ADVAN FLEVA V701(アドバン・フレバ・ブイナナマルイチ) (205/55R16 91W)

【メーカー】
ヨコハマ

【特徴】
・WET路面でのドライビング・パフォーマンスの向上
・“走る歓び”をサポートする優れた静粛性
・欧州車のニーズを満たす高速域での操縦安定性

【価格】
ネットショップ価格帯 1本 ¥11,000~¥16,800

P1174.jpg

2016年8月から日本で発売された「ADVAN」の新たなハイパフォーマンス・スポーティー・タイヤ。

低燃費でウェットグリップ性能が高くそれでいてスポーティーな走りができる

トータルバランスが非常に優れたタイヤ!

P1175.jpg

通勤や日常の走りでも

ハンドリングやグリップを感じて楽しみながら運転でき、

今の私のカーライフにはピッタリ合っている。

P1176a.jpg

若い頃は「ADVAN HF Type D」 をよく履いていたが

最近はハイグリップ系より安くてバランスの良いスポーティータイヤに興味がある。

「ADVAN FLEVA V701」 はそんな世代にもおすすめのタイヤだと思った。



にほんブログ村



シルビア 夏にスタッドレスを履く

シルビアS15は純正の足回りで車高を下げるとネガキャンがつく。

フロントはキャンバー調整式ピロアッパーを付けて-01°30′ に合わせているが、

リアは純正アームなので調整範囲が狭く

アライメント調整の時「出来るだけ起こして下さい」と依頼したが-02°40′ になっている。


冬にリアに履いていたスタッドレスタイヤ。(↓)

ネガキャンと走り方のせいで片減りして内側が夏タイヤ?になっている。(↓)

でも もう少し使える。

「部屋に飾っていてもしょうがない!」

「この夏に履きつぶしてしまおぉー!」

という事になった。

P1073.jpg

リアのネガティブキャンバー「-02°40′」 (↓)

見た目がスポーティーで気に入っているのだが片減りがすごい。

P1074.jpg

リアに履いたら一瞬で終わってしまいそうなので

少しキャンバー角を起こしているフロントに履くことにした。

P1075.jpg

「あれ・・・?」

ステアリングギアボックスのラックエンドブーツ周辺がオイルで汚れている。

反対側も同じく汚れているがブーツに破れなし・・・。

「見たくない物を見てしまった・・・。」

オイルシールの劣化でオイル滲み。

症状が進行すればオイルが漏れてギヤボックスごと交換になる

修理代10万円~ コース。

「一か月前は何でもなかったのに!」

P1076.jpg

最近 愛車が絶好調だったので

私もつい いつもより元気よく走っていたのだが・・・。


とにかくタイヤを交換して

気分転換に山へ走りに行った。

P1077.jpg

いつもの峠道。

チョットだけリアをスライドさせてフロントのグリップを確認。

リアに押されてフロントが外側へ流れぎみになる。

グリップ限界が非常に低い。

「ゆっくり走ろぉ~~~。」

P1078.jpg

あとは山の中をスローペースで流す~~~。

心地いい風~~~。

P1079.jpg

フロントのスタッドレスタイヤからは穏やかな

ステアリングインフォメーションが伝わってくる。

ゆっくり走っていても各部の働きがドライバーに伝わってくる。

P1080.jpg

車と会話を楽しみながら走れる。

競技に出なくても 峠を攻めなくても 楽しめる仕様。


それが私の目指すチューニングである・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


シルビア 冬用タイヤ(Vector 4Seasons)

何年か前の大雪が降った日、私は夜勤だった。

帰りは真夜中、でも同僚達は普通車でゆっくり帰っていった。

私の車は足回りを固めたFRのターボ車、

溝の残りも少ないスポーツタイヤを履いていて

信号で止まると動き出すのが難しく、2速発進でもリアが空転しまくり、走っていても道路の勾配のせいで路肩に寄っていく。

わずかに右にカウンターを当てながら進み、ドキドキ・ピリピリ・ヒヤヒヤしながらなんとか無事家に付いた。

「雪道を甘く見ていた!」

リアやフロントが滑ってもなんとか出来ると思い上がっていたが、グリップしなければ滑っていくだけ、ただ「そぉーっと」走るしかない!

その時の経験から雪が降ってもなんとか普通車と同じ位には走りたいと思いリア用にスタッドレスを2本買った。

だが・・・。

(写真下はグッドイヤー Vector 4Seasons)
P949.jpg

買ったのは「ブリヂストン ブリザック REVO GZ」。

スタッドレスタイヤの中では高性能の方だが愛車の足回りとの相性が悪く、雪のない普通の道を走っているとトレッドのブロック型パターンがヨレルのが伝わってくる。

交差点でもカーブでもほんの少し荒く曲がると一気に「グニャッ」とヨレテ1~2cm横に滑ったような感覚がシートに伝わる。

タイヤの空気圧を高めにしてもだめ。

「これじゃぁー走りを楽しめない!!」

もっと普通に走れるスタッドレスタイヤは無いのかと探していた。

(写真下はグッドイヤー Vector 4Seasons)
P950.jpg

【商品名】
Vector 4Seasons (205/55R16 94V XL)

【メーカー】
グッドイヤー

【特徴】
・夏季のドライ路・ウエット路面から、冬季の冬道までタイヤを履き替えることなく走行できるオールシーズンタイヤ
・欧州で冬用タイヤとして認証され一定の雪上でも安定的に走行できる

【価格】
近くのEAGLE SHOPで1本 20000円
(組み込み・バランス調整・ゴムバルブ 込み)

(写真下はグッドイヤー Vector 4Seasons)
P951.jpg

写真のようにタイヤ中央部はスタッドレス、サイド部は夏タイヤみたいな感じ。

走ってみた感想は、「ふつぅ~のタイヤ。」

スポーツタイヤのようなグリップと剛性感は勿論なく、スタッドレスのようなグニャグニャ感も無い、いい意味での普通のタイヤ。

空気圧を高め(2.8kgf/cm2)に入れれば足回りを固めた車の動きにもついてきてダルくならない!

「これなら普通に走れてストレスも溜まらない。」

グリップ限界は低いがわかり易く、素直な性格のタイヤだった。

P952.jpg

後は雪が降るのを待つばかり。

「雪よ積もってくれ。」

雪上を颯爽と走る愛車を夢見る私であった・・・。



にほんブログ村

シルビア タイヤのバルブキャップ

お洒落な人は足元にも気をつかう。

私は自称「お洒落な人」。

シルビアの足元にも気をつかっている。

今回 買ったのがこれ!

P942.jpg

【商品名】
窒素ガス用バルブキャップ (ブルー) N2-VB

【メーカー】
KYO-EI (協永産業)

【特徴】
・アルミ製。
・(N2 GAS)(感嘆符)が表示されている。
・メッキ・レッド・シルバー・ブルー・ブラックの5色が
 ある。

【価格】
税込 918 円 (ネットで送料込み1078 円)

P943.jpg

ふつぅーのプラスチックバルブキャップ(↑)何とも
安っぽい。


昔買ったホイールに付いていた黒のキャップ(↓)しっかりした

作りで渋いが、黒ではあまりアクセントにならない。

P944.jpg

シルバーのキャップ(↓)ホイールと同系統の色で少し地味だが

なかなかいい感じなのでたまに付ける。

P945.jpg

レッドのキャップ(↓)一番目を引きキレイだが、まわりと調和

出来ていない。

P946.jpg

ブルーのキャップ(↓)N2 GASの表示がとてもレーシー!!

P947.jpg

私は青が好きなのでナットもキャリパーもブルー。

やっぱりこれが一番似合う!

P948.jpg

車に乗り込む前にチラッと見えるアクセサリー。

これが車好きのコダワリであぁ~る。



にほんブログ村

シルビア タイヤマーカー

休日。

単身赴任の私には自由な時間がいくらでもある。

冬用に買ったタイヤを部屋で眺めていてヒラメイタ。

「そうだ! タイヤをペイントしよう!」

午前10時、近くのカー用品店へ行きタイヤ用ペイントを
買ってきた。

P937.jpg

【商品名】
タイヤマーカー タッチカラー (ホワイト 133)

【メーカー】
ソフト99コーポレーション

【特徴】
・タイヤレターのペイント用。
・硬質ファイバー芯のペン先が細字に対応。
・修正ペン付き。

【価格】
950円 (近くのオートバックス)

P938.jpg

塗装で重要なのが下処理。

テキトーにやると仕上がりと耐久性が悪くなってしまう。

台所洗剤を含ませた布でしっかり汚れと油分を落としてから、

水だけ含ませた布で綺麗に洗剤の成分を落として乾かす。

午前中から 一杯やりながらの作業で絶好調!!

P939.jpg

このタイヤマーカー、一回塗りでは薄すぎて下の黒い色が
透けてムラになってしまう。

「2時間乾かす(一杯飲む)・・・。」

二回目塗り。
塗った直後は綺麗に見えるが乾いてくるとまだムラが
残っている。

「2時間乾かす(一杯飲む)・・・・。」

三回目塗り。
ムラは無くなったがまだ完成ではない。

「2時間乾かす(一杯飲む)・・・・・。」

仕上げに塗装がはみ出した部分を修正ペンでふちどりをして
完成!

P940.jpg

早速 愛車に装着。

「いい味が出てる!」

「ショーカーのようだ!!」

超~~~ご機嫌!!!

P941.jpg

この日の休日はこれが全て。

丸一日かけて完成した時には、

お酒を飲みながら作業していた私も完成して(出来上がって)

しまっていた・・・。



にほんブログ村

シルビア リアタイヤ(KR20 KAISER)

数年前、いつものように元気に走っていた時、

いきなり後輪からの音が変わった!

「ギュルギュルギュル~ バ~。」

足回りの部品が壊れた?外れたか?いそいで車を止め
リアを覗きこんだ。

原因はタイヤのトレッドパターン部分が剥がれ、タイヤハウスを
叩いていた。

「よかったぁ~! タイヤだけですんだぁ~!」

このタイヤは国内メーカーのスポーツ系の中古タイヤ。
かなり古かった(安かった)。

P686.jpg

それまで、リアタイヤはどうせ編摩耗してすぐ減るし、スポーツ系

のタイヤなら何でもいいとしていたが、選択基準を変更!

まず、劣化してヒビが出ているタイヤは使わない!!

そして、ドリフト競技や走行会などで定評のある、
綺麗に減る(削れる?)タイヤの中から選ぶ事にした。

今回、通勤用のリアタイヤがツルツルになったので、
タイヤを2本購入!
P687.jpg

【商品名】
KR20 KAISER (205/55R16 91V)

【メーカー】
KENDA(ケンダ) 台湾のメーカー

【特徴】
・乗用車用高性能ラジアルタイヤ。 とにかく安い!
・独自のトレッドによって、振動とロードノイズを軽減。
・リムプロテクターを採用し、耐久性を向上。

【価格】
2本送料込みで 7776 円 (ネットショップで購入)

P688.jpg

【マイ コメント】
アジアンタイヤを買ったのは今回が二回目。

初めて買ったのはFEDERAL(フェデラル:台湾メーカー)の
SS595というスポーツタイヤ。

値段が安い台湾製ということで不安だったが履いてみてビックリ。

グリップ力・剛性感・耐摩耗性のバランスがとても良く、
コストパフォーマンスが非常に高いと感心した。

唯一残念だったのがタイヤ側面のデザイン。

実際に安いが、いかにも安そうなデザインが気に入らなかった。

「おっと! 違うタイヤのコメントになってしまった?」

P689.jpg

このタイヤはというと、届いたタイヤを見ての第一印象は

「トレッドパターンはスポーティーなのに、側面のデザインが
 安っぽそう・・・。」


いつになったら理想のリアタイヤにめぐりあえるのだろうか・・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シルビア スタッドレスタイヤ(ブリザック REVO GZ)

「冬が来た。」

今年もリア(2本)だけスタッドレスタイヤに交換。

P603.jpg

【商品名】
ブリザック REVO GZ (205/55R16 91Q)

【メーカー】
ブリヂストン

【特徴】
・発泡ゴムの効果で氷上での優れたグリップ力を発揮する。
・非対称パタンでさまざまな冬道での効きに対応する。
・非対称形状で直進安定性・応答性を向上させている。

【価格】
1本 20000~34000円位 (価格帯が非常に広い)

P604.jpg

私の住んでいる地域ではあまり雪は降らないが、車通勤なので雪が降っても車で行く。

しかし私の愛車は雪道が大の苦手。
後輪が空転してしまい、動き出すのにコツがいる。

そういう訳で、真冬は後輪だけスタッドレスタイヤに換えている。

P605.jpg

【マイ コメント】
スポーツタイヤより雪道で動き出せる。  だが…。

スタッドレスタイヤの中でも性能・価格共に高いブリザックだが、
普通の道では標準タイヤと比べても剛性感・グリップ感はかなり劣る。
急操作をするとタイヤがヨレてブレイクするので危険。


スタッドレスタイヤは素直に4本履き、普通の道では
                           ゆっくり 走りましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シルビア タイヤ(ディレッツァ DZ102)

1ヵ月以上更新しなかったので、「スポンサーサイト」が表示されてしまった。

「とりあえず、何か書こう。」

シルビアのタイヤの内減りが進み、スリップサインが出てしまったので、タイヤを2本購入した。

P532.jpg

【ダンロップ】 ディレッツァ DZ102 2014年の新商品である。

メーカーのカタログには「快適性能を備えたスポーツタイヤ」とある。

タイヤのジャンルでいえば、入門向けスポーツタイヤである。

最近、中古のスポーツタイヤばかり買っていたので、今どきのタイヤの性能はどんなものか確認したくて購入した。


【商品名】
DIREZZA DZ102 (205/55R16 91V)

【メーカー】
DUNLOP

【特徴】
・快適性能を備えたスポーツタイヤ
・スポーツカーはもとより、セダンやステーションワゴンでも、スポーティな走りを楽しめる
・強靭な耐摩耗性能と優れた静粛性能を備えた新次元スポーツタイヤ

【価格】
2本送料込みで 24032 円 (ネットショップで購入)

P533.jpg

届いたタイヤを見た。

サイドのブロックのパターンが大きめに見えてカッコイイ。

「ん・・・?」

側面がなんだか柔らかそうに見えたので指で押してみる。

「ブヨブヨ・・・?」

私が今まで知っているスポーツタイヤには無い柔らかさ。

不安がよぎる。

P534.jpg

タイヤの性能が分かり易いようにフロントに付けて走ってみた。

・スポーツタイヤ特有の「ゴー」というノイズがあまりしない。 静か。

・「ゴツゴツ」感がなく、乗り心地が柔らかい。

・ハンドルを切るとタイヤがよれるが、エコタイヤよりはグリップ感がある。

まさしく、メーカーが言っている「快適性能を備えたタイヤ」だった。


「しかぁ~し!」


「スポーツタイヤとしては、性格が丸くなりすぎてしまった!」

路面と会話しながら走りたい車好きには物足りない。

こういう場合はどうするのか、

空気圧を多めに入れ290 kPa(3.0 kgf/cm2)、リアに履き、

簡単に空回りする楽しいタイヤとして、腕を磨くのであ~る。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

なにげない休日日記

土曜日。

待ちに待った休日。 でも予定は無い。

趣味の車部品の手入れを始める。

まずはタイヤの掃除。

右側のホイールは一番のお気に入り「スカイライン R32GT-R 純正」

【ニッサン・スカイラインGT-R BNR32型】

1989年、3代目GT-Rとして、16年ぶりに復活。

モータースポーツ参戦を前提に開発・生産された高性能車。

私の愛車の純正ホイールより軽いのに、1.5インチも幅が広い。

発売年を比べると私の愛車より10年昔なのに、さすがGT-R。

「格が違う。」

P300.jpg

昔レース屋さんから貰ったスリックタイヤ。(↓)

私的にはリビングにインテリアとして飾りたいが、

興味が無い人が見るとタダの廃タイヤ。

家族もスリックタイヤの価値が分からず、庭にプランター代わりに置いてある。

P301.jpg

「そうだ、忘れていた。」

家庭菜園に残飯を埋めに行く。

今植えてある野菜の収穫が終わると次の春まで何も植えず、

今年の家庭菜園は終了となる。

P302.jpg

冬は土づくり(残飯埋め)が私の趣味となる。

これがけっこう楽しい。

穴を掘り、残飯を埋める。

もう5年くらい続けているので前に埋めた物が黒い土の層になって出てくる。

P303.jpg

分譲地の山砂に少しづつ黒い土の層が増えていき、

そのうち肥沃な土に変化していく事を想像するとワクワクする。

なぜなら自然と自分がコラボした、オリジナルの土が出来るからだ。

P304.jpg

花でも野菜でも植えるとグングン育つ、

「超、スーパー、ミラクル培養土」

を夢見て

今日もせっせと残飯を埋める私であった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
【カテゴリ】
a
b
c
e
f
h
i
j
t
【ガソリン 平均価格】

gogo.gs
【カーライフ リンク 情報】
【アルバム】
【最新記事】
【プロフィール】

村人K

Author:村人K
シルビアS15乗りのダイアリー

【全記事表示リンク】

全ての記事を表示する

【全画像表示リンク】
【アクセスカウンター】