FC2ブログ

シルビア 夏にスタッドレスを履く

シルビアS15は純正の足回りで車高を下げるとネガキャンがつく。

フロントはキャンバー調整式ピロアッパーを付けて-01°30′ に合わせているが、

リアは純正アームなので調整範囲が狭く

アライメント調整の時「出来るだけ起こして下さい」と依頼したが-02°40′ になっている。


冬にリアに履いていたスタッドレスタイヤ。(↓)

ネガキャンと走り方のせいで片減りして内側が夏タイヤ?になっている。(↓)

でも もう少し使える。

「部屋に飾っていてもしょうがない!」

「この夏に履きつぶしてしまおぉー!」

という事になった。

P1073.jpg

リアのネガティブキャンバー「-02°40′」 (↓)

見た目がスポーティーで気に入っているのだが片減りがすごい。

P1074.jpg

リアに履いたら一瞬で終わってしまいそうなので

少しキャンバー角を起こしているフロントに履くことにした。

P1075.jpg

「あれ・・・?」

ステアリングギアボックスのラックエンドブーツ周辺がオイルで汚れている。

反対側も同じく汚れているがブーツに破れなし・・・。

「見たくない物を見てしまった・・・。」

オイルシールの劣化でオイル滲み。

症状が進行すればオイルが漏れてギヤボックスごと交換になる

修理代10万円~ コース。

「一か月前は何でもなかったのに!」

P1076.jpg

最近 愛車が絶好調だったので

私もつい いつもより元気よく走っていたのだが・・・。


とにかくタイヤを交換して

気分転換に山へ走りに行った。

P1077.jpg

いつもの峠道。

チョットだけリアをスライドさせてフロントのグリップを確認。

リアに押されてフロントが外側へ流れぎみになる。

グリップ限界が非常に低い。

「ゆっくり走ろぉ~~~。」

P1078.jpg

あとは山の中をスローペースで流す~~~。

心地いい風~~~。

P1079.jpg

フロントのスタッドレスタイヤからは穏やかな

ステアリングインフォメーションが伝わってくる。

ゆっくり走っていても各部の働きがドライバーに伝わってくる。

P1080.jpg

車と会話を楽しみながら走れる。

競技に出なくても 峠を攻めなくても 楽しめる仕様。


それが私の目指すチューニングである・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



【カテゴリ】
a
b
c
e
f
h
i
j
t
【ガソリン 平均価格】

gogo.gs
【カーライフ リンク 情報】
【アルバム】
【最新記事】
【プロフィール】

村人K

Author:村人K
シルビアS15乗りのダイアリー

【全記事表示リンク】

全ての記事を表示する

【全画像表示リンク】
【アクセスカウンター】